社会保険労務士の選び方

社会保険労務士の関連情報


特定社会保険労務士とは

 特定社会保険労務士とは、事業所側と労働者がトラブルを抱え、紛争状態となった際に、裁判を起こすことなく双方を円満解決に導くための、資格を有した社会保険労務士のことを指します。

 「特定」が付く社会保険労務士になるためには、厚生労働大臣が定める研修を修了し、「紛争解決手続代理業務試験」に合格する事が必要になります。

 この「特定」が付いた社労士は、ADR(裁判外紛争解決手続)に関与する事ができ、主に次のような事ができるようになります。

個別労働関係紛争について厚生労働大臣が指定する団体が行う裁判外紛争解決手続の代理

個別労働関係紛争解決促進法に基づき都道府県労働局が行うあっせんの手続の代理

男女雇用機会均等法及びパートタイム労働法に基づき都道府県労働局が行う調停の手続の代理

個別労働関係紛争について都道府県労働委員会が行うあっせんの手続の代理

労働問題は社労士に相談!社会保険労務士の選び方ガイド!
TOPページ社労士選び方ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
社会保険労務士選び方ガイド!依頼費用・手続き・無料相談


[PR] ライブカメラ/ 資格学校/