社会保険労務士の選び方

助成金


育児休業代替要員確保等助成金

 育児休業代替要員確保等助成金とは、育児休業を取得した事により休業していた労働者が、休業終了後に職場に復帰する事を、就業規則等に規定した上で、その間の代替要員を確保した場合に支給される助成金です。

 対象となるのは、最初に対象労働者が生じてから3年間で、最初の対象者とあわせ、1事業所当たり20人までと規定されています。

育児休業取得者の原職復帰について、労働協約か就業規則に規定した事業主。

育児休業取得者の代替要員を確保し、育児休業終了後に原職に復帰させたこと。

原職に復帰した育児休業取得者の育児休業期間が3ヶ月以上あり、この期間中に代替要員の確保期間が同じく3ヶ月以上あること。

対象労働者を育児休業終了後に、引き続き雇用保険の被保険者として1ヶ月以上雇用したこと。

対象労働者を育児休業を開始する日まで雇用保険の被保険者として1年以上継続して雇用していたこと。

労働問題は社労士に相談!社会保険労務士の選び方ガイド!
TOPページ社労士選び方ガイドTOP
助成金TOP助成金TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
社会保険労務士選び方ガイド!依頼費用・手続き・無料相談


[PR] アロマテラピー資格/ 短期バイト/