社会保険労務士の選び方

各種協定の作成・届出


事業場外労働協定届

 事業場外労働とは、労働者が業務を事業場外で行っていた場合で、使用者の指揮監督が及ばないため、労働時間がわからず算定できない場合に、あらかじめ特定時間を労働したこととしておく制度です。

 労使協定においては、「対象とする業務」「みなし労働時間」「有効期間」について定められ、労働時間が法定を超える場合は、労働基準監督署への届出をすることになります。

裁量労働協定届

 裁量労働とは、労働時間と業績が連動しない場合に、労働時間で決まりを設けずに、業績のみで給与を支払う形態の制度です。

 ただし全ての職種で適応されるわけではなく、厚生労働大臣により指定された「公認会計士・弁護士・デザイナー・経営企画担当」などがあり、適用される職種の幅は広がりつつありますも。

労働問題は社労士に相談!社会保険労務士の選び方ガイド!
TOPページ社労士選び方ガイドTOP
各種協定の作成・届出TOP各種協定の作成・届出TOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
社会保険労務士選び方ガイド!依頼費用・手続き・無料相談


[PR] 潮干狩り 千葉県/ ダイエットサプリ通販/