社会保険労務士の選び方

社会保険労務士の仕事内容


就業規則等の作成

 就業規則とは、各事業所において使用者が制定する職場における規律の事を指します。

 労働基準法では、10人以上の労働者を使用する場合には就業規則を作成し、労働者代表の意見書を添えて労働基準監督署に提出することが義務付けられています。

 記載事項も法的に決められており、「絶対的必要記載事項」と「相対的必要記載事項」とがあります。

絶対的必要記載事項
始業・終業の時刻、休憩時間、休日、休暇、就業時転換などについて
賃金の決定、計算・支払い方法、賃金の締切り・支払の時期・昇給などについて
退職について

相対的必要記載事項
退職手当、適用労働者の範囲、決定、計算・支払方法・支払の時期などについて
臨時の賃金・最低賃金額などについて
食費、作業用品など労働者の負担などについて
安全、衛生などについて
職業訓練などについて
災害補償・業務外の傷病扶助などについて
表彰・制裁の定めなどについて
その他、全労働者に適用される定めなどについて

労働問題は社労士に相談!社会保険労務士の選び方ガイド!
TOPページ社労士選び方ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
社会保険労務士選び方ガイド!依頼費用・手続き・無料相談


[PR] リサイクル/ カラコン激安/ 調剤薬局事務資格/