社会保険労務士の選び方

労働保険の手続き


休業補償給付支給申請届

 労働者が業務上の行為により負傷したりまたは疾病に掛かった場合、休業の3日間は事業主が休業補償を支払う事になります。

 以後の4日目からは「休業補償給付支給申請」を労働基準監督署に提出する事で、給付基礎日額の60%程が休業補償給付として支給されます。

障害・遺族補償給付支給申請届

 障害補償給付とは、労働者が業務上の行為で負傷や疾病に掛かり、傷病の治癒した後に身体に障害が残った場合に申請する事ができる給付です。

 遺族補償給付とは、労働者が業務上の事由により死亡した場合に支給され、通常の「遺族補償年金」と、受け取るべき遺族がいない「遺族補償一時金」とがあります。

労働問題は社労士に相談!社会保険労務士の選び方ガイド!
TOPページ社労士選び方ガイドTOP
労働保険の手続きTOP労働保険の手続きTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
社会保険労務士選び方ガイド!依頼費用・手続き・無料相談