社会保険労務士の選び方

労働保険の手続き


雇用保険適用事業所設置届

 雇用保険の適用対象となる労働者を初めて雇用した場合は、保険関係の手続を済ませてから、事業所を管轄する公共職業安定所に「雇用保険適用事業所設置届」を提出することとされています。

 またその際に、一元適用事業で加入する事業所の場合は、労働基準監督署に「労働保険保険関係成立届」「労働保険概算保険料申告書」などを提出する手続きも必要となります。

雇用保険適用事業所廃止届

 上記の設置届けを提出した事業所を廃止する場合には、事業主は廃止日の翌日から10日以内に公共職業安定所に「雇用保険適用事業所廃止届」を提出する事になります。

 その際には、添付書類として「雇用保険被保険者資格喪失届」を準備し、また「労働保険確定保険料申告書」で労働保険料の確定申告もまた必要となります。

労働問題は社労士に相談!社会保険労務士の選び方ガイド!
TOPページ社労士選び方ガイドTOP
労働保険の手続きTOP労働保険の手続きTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
社会保険労務士選び方ガイド!依頼費用・手続き・無料相談


[PR] テニス/ 賃貸マンション探し/ うつ病克服/