社会保険労務士の選び方

社会保険労務士の基礎知識


社労士の勤務体系

 資格を得た社会労務士は、次の2つのパターンで業務を行います。

開業登録

 開業登録とは、個人で社労士事務所を開く「開業社会保険労務士」のことを指します。また事務所に就職して勤務している社労士も含めて開業登録とされています。

 企業を顧客としたり、一般の人からも広く相談や依頼を受けるなど、活動範囲は非常に広いといえます。

勤務登録

 勤務登録とは、一般企業に就職して、その企業内に限定して社労士としての仕事を行う「勤務社会保険労務士」のことを指します。

 たいていは社内の労務関連の部署に配属され、業務の内容は開業登録の場合とさして変わる事はありません。

労働問題は社労士に相談!社会保険労務士の選び方ガイド!
TOPページ社労士選び方ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
社会保険労務士選び方ガイド!依頼費用・手続き・無料相談