社会保険労務士の選び方

社会保険労務士の基礎知識


社労士の役割

 企業を構成する主な要素に「ヒト・モノ・カネ」の3種があります。

 社会保険労務士は、このうちの「ヒト」に関わる部分を担当しており、企業の立ち上げの際からその後の管理に至るまで、労務や企業経営に関わる相談やアドバイスなどを行い、問題解決につとめています。

 つまり社労士の役割としては、労働者が安心して働ける場を構築し、ひいては企業が健全に発展することを、主な目的としているのです。

 また社労士は近年では何かと心配事の多い「年金問題」にも関わり、年金記録の確認や請求手続きなど、多くの方が抱える悩みに対しても業務を通じて答えを出し、将来に明るい道筋を照らしています。

労働問題は社労士に相談!社会保険労務士の選び方ガイド!
TOPページ社労士選び方ガイドTOP
次ページ次ページ
前ページ前ページ

Copyright(C) 2010
社会保険労務士選び方ガイド!依頼費用・手続き・無料相談